キングダム

キングダムに呂布は出てくる?子孫が三国志で活躍しているキャラは?

キングダム 呂布 出てくる 子孫 三国志 活躍 キャラ
Pocket

大人気漫画のキングダムに登場する泰の呂不韋。

そんなキングダムに呂布は出てくるのか気になってる方が多くいらっしゃいました。

他にも子孫が三国志で活躍しているキャラは何かも知りたいという方が多かったです。

呂不韋と呂布、二人の関係とは一体どういう関係なんでしょうか。

それでは早速、キングダムに呂布は出てくるの?

そして、子孫が三国志で活躍しているキャラについて紹介していきます!

 

キングダムに呂布は出てくる?

結論からいうと、キングダムに呂布は出てきません。

  • 泰の始皇帝に仕えた呂不韋
  • 三国志最強の猛将・呂布

二人とも、「呂」という名字を名乗っていますが偶然です。

 

呂不韋とは?

呂不韋(りょふい)は得体の知れなさを感じさせるキャラクターで、腹黒さのある人物です。

政治家や文官としての実力がある人物で、若い頃から一流の商人として活躍していた経験から、巨視的な視点で天下を見据えています。

その器量は政にも劣らず、油断ならないキャラクターです。

政が加冠の儀を迎えると、正式に政治の実権を得られるようになったことから、秦国を掌握するために秘密裏に動いていたりします。

呂不韋がキングダムに登場したのは、コミックスの6巻から。

最高権力の持ち主である右丞相という地位にいた人物ですが、まだ若い政が王となったことで実質的な政治を執り行うのは、呂不韋の役目になりました。

呂不韋は昌平君、蒙武、蔡沢、李斯というあらゆる分野に優れた人物たちを配下に置いている人物です。

 

呂不韋と呂布に血縁関係はある?

呂という苗字を持つ呂不韋と呂布ですが、名前の読み方も「りょふい」と「りょふ」でかなり似ていることが分かります。

やはり血縁関係にある人物たちなのではないかと予想されますが、実は二人には血縁であるどころか、接点すらない無関係の人間同士なのです。

秦の始皇帝に仕える丞相であった呂不韋と、三国志最強といわれた猛省の呂布ですが、苗字が同じだというのは本当に単なる偶然であるそう。

二人の出身地に関しても、お互いが無関係の人物であるということを証明しています。

呂不韋の出身地は「濮陽」という場所で、現在でいうところの河南省にあたる土地。

一方の呂布は「五原郡」という場所の出身で、こちらは現在でいうところのモンゴル自治区にあたります。

出身地を見ても接点がまるでないことがわかる呂不韋と呂布は、苗字が同じというだけのまるで赤の他人だったのです。

 

キングダムで子孫が三国志で活躍しているキャラは?

三国志最強の猛省・呂布とは無関係であることがわかった呂不韋ですが、呂不韋の子孫についても気になっている人がいるかもしれません。

続いては、三国志で活躍しているという呂不韋の子孫である人物についてや、もう一人の子孫かもしれないと名前が挙げられている人物についても、順番に紹介します。

果たして呂不韋の子孫はどこかに登場しているのでしょうか?

早速紹介していきます!

 

呂不韋の子孫は呂凱

呂不韋の子孫であるといわれているのは「三国志演義」という小説に登場しているという武将・呂凱です。

主人公である劉備が死亡したあとに「蜀の国」という劉備の忠臣である諸葛亮孔明が守っていた場所へ、南蛮王・孟獲が襲撃してきます。

孟獲を服従させようと、諸葛亮孔明は南蛮へと出陣していきました。

そんな彼の前に現れたのが、呂凱だったのです。

呂凱は南蛮を倒そうとしている諸葛亮孔明に、南蛮の詳細を記した地図を献上してくれました。

三国志演技の中では、呂不韋の子孫である呂凱が、そうした忠誠心に溢れた人物であるとして描かれています。

 

Twitterの感想

Twitterの感想を見てみると、キングダムに呂布みたいなキャラが出てくるけど呂布で合ってる?という声が多かったです。

上記でも述べたようにキングダムに呂布は出ていないので間違いなく呂布に似た違うキャラでしょうね!

 

まとめ

今回はキングダムに呂布は出てくるのか。

そして子孫が三国志で活躍しているキャラについて紹介していきました!

記事をまとめると

  • 呂不韋と呂布は名前が同じだけで無関係
  • 呂不韋の子孫・呂凱が三国志で活躍している

以上となります。

キングダムは史実に忠実に描かれている部分も多い作品なので、漫画を読んで史実にも興味が湧いたという人は、中国の歴史などを調べてみるのも面白いかもしれません。

史実に登場しないキャラクターは誰なのか、史実で命を落とすキャラクターは漫画でも同じなのか、そういった点を見比べていくと意外な発見をすることもあるかもしれませんね!